大正6年4月 久留米市通町に川村商店(川村吉之助個人営業)として開業、当初はドイツ染料「インヂゴ」及び三井化学工業の特約店として染料・工業薬品の販売を開始
大正8年2月 川村商店を合資会社に改組、資本金5万円
大正12年 三井化学工業のパラヂクロールベンゾールを用いて、衣類防虫剤「リバゾール」の製造開始
昭和12年 事務所、工場を久留米市両替町65番地に建設移転
昭和16年10月 株式会社川村商店に改組、資本金15万円
昭和20年8月 空襲にて事務所、工場、倉庫全焼
昭和21年1月 久留米市西町広又1521番地(現住所 久留米実習女学校)の土地建物を買収し、6月業務再開
昭和27年1月 商号を川村産業株式会社と変更
昭和28年 同年6月の筑後地方の大水害時の稲作の病害虫をICI社の農薬「ホスファーノ」にて全滅の危機より救い農薬部門に進出
昭和30年 ICI社のポリエチレン原料の九州代理店となる。ポリエチレンフィルムの製造実演会を開く。
  現在のスミカセン(LDPE)の誕生の基礎となる
昭和30年 オランダ、フィリップス社の農薬「テデオン」の販売を開始、果樹農薬部門拡充
昭和31年 北九州営業所設置
昭和32年 大阪、福岡両営業所設置
昭和33年 住友化学工業ICI社と提携し、ポリエチレン原料の製造を開始(国産最初 スミカセン)、川村産業は九州における同社直系の特約販売店となる
昭和38年5月 川村産業が原料を供給していた旭合成樹脂工業(株)を事業傘下に収め、住友化学工業の原料系工場として運営することとなり、社名を福岡ポリ(株)と改める
昭和42年4月 創業50周年祝典を挙行(於 石橋文化会館)、記念行事として「企業年金制度」を採用
昭和46年7月 鹿児島営業所設置
昭和47年10月 本社新社屋完成
昭和48年12月 同系会社福岡ポリ(株)の新工場並びに事務所社屋完成
昭和50年2月 資本金を4800万円に増資
昭和50年7月 東京営業所開設
昭和52年11月  川村産業株式会社創業60周年福岡ポリ株式会社設立15周年 記念式典を挙行
昭和53年2月 創業者 初代社長 川村吉之助 会長に就任、副社長 川村謙二が川村産業株式会社並びに系列、福岡ポリ(株)社長に就任
昭和57年8月 創業者 初代社長 川村吉之助 死去(90歳)
昭和61年11月 合樹課新設
平成7年1月 姫路出張所開設
平成7年11月 鹿児島(営)事務所社屋新築移転
平成12年2月 代表取締役社長 川村謙二が代表取締役会長に就任、副社長 川村修平が代表取締役社長に就任
平成22年2月 代表取締役社長 川村修平が退任 代表取締役会長 川村謙二が社長兼任
平成25年10月 環境経営システム エコアクション21の認証を取得
平成26年2月 川村修平が代表取締役社長に就任
平成28年5月 鳥栖配送センター開設(長門石より移転)






Copyright (C) 2002 KAWAMURA SANGYO Co., Ltd All Rights Reserved.